CATEGORY

宿泊

  • 2022年6月1日

【関東・東海・関西】キャビン宿泊ができるおすすめグランピング施設5選

「キャンプ=テント」というイメージが強いため、グランピングもテントに宿泊するというイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。 しかし、グランピング施設は、テントだけではなくキャビンやコテージなど様々なタイプの客室があります。 今回は、キャビンタイプのグランピング施設に注目してみました。 関東・東海・関西のキャビン宿泊ができるグランピング施設をご紹介します。   【関東】キャビン宿 […]

  • 2021年12月6日
  • 2022年4月22日

【信用して大丈夫??】住宅宿泊仲介業者が守るべき「義務」と「実態」

「民泊新法や旅館業法は、本やインターネットで勉強できたけど、1人で新規で開業するのは不安だな。」 「民泊を新たなに経営したいと思っているけど、使用できる物件も持っていないんだよな。普通の不動産屋に民泊に使用できる物件を相談したけど、門前払いだった・・・。民泊のノウハウを専門的にもつ業者ってないのかな?」 いざ民泊経営を始めるにあたり、全てにおいて未経験な手続きや物件選定を仲介してくれる業者があるこ […]

  • 2021年12月6日
  • 2022年4月22日

【民泊新法のルール!】180日営業ルールと罰則についてご紹介

2018年に制定された、民泊新法(住宅宿泊事業法)。都道府県知事への届出を行うことで、営業する許可がおりる事から、より民泊経営が身近なものとなりました。 しかし、住宅宿泊事業法による開業のデメリットとして、年間180日以内の営業ルールがあげられます。 この記事では、なぜ180日の営業ルールが設けられたのか。180日を超えた営業をすると、どんな罰則を受けるかなど、これから民泊経営を考えている方にとっ […]

  • 2021年12月6日
  • 2022年4月22日

【意外にも簡単?】住宅宿泊事業法における届出について

「旅館業の許認可は難しいし、なかなか認可がおりないみたい。住宅宿泊事業法なら届出だけだから、簡単なのかな。」 「届出はどこに対して行うのだろう。民泊の経営を考えているけど、何回もする事ではないし、届出を代行してくれる業者もあるのだろうか?」 2018年に制定された、住宅宿泊事業法。旅館業法の許認可と違って、届出を行う事で民泊を開業できるため、検討している方も多いはず。 しかし、法的な届出って面倒な […]

  • 2021年12月6日
  • 2022年4月22日

宿泊者名簿に記載する『3つの理由』【コロナの影響でより重要に】

宿泊施設にチェックインをする際に、フロントで用紙とペンが用意されて氏名や住所を求められますよね。氏名や電話番号など情報は予約時に送っているのに、二度手間になるので面倒に思う方もいらっしゃるとおもいます。 この記事ではなぜ宿泊者名簿を書く必要があるのかについて紹介します。   宿泊者名簿とは 一言でいうと、宿泊者情報を記した名簿です。 宿泊者名簿は宿泊施設に備え付け、保存が義務づけられてお […]

  • 2021年12月6日
  • 2022年4月22日

『Excelで効率化!』宿泊者名簿の管理を簡単にするには?

宿泊施設では、ゲストがチェックインを行う際に宿泊者カードに氏名や住所、電話番号や職業等を記載してもらうことが義務付けられていますが、フロントでお客様に全て記載してもらっていることはありませんか? 必要事項の全てをお客様にフロントで記載してもらっていると、チェックイン時に待ち行列が発生して他のお客様を待たせることにつながる可能性があります。また、お客様から頂いた情報を台帳で管理することに困っている方 […]

  • 2021年12月5日
  • 2022年4月22日

【宿泊業が危ない!?】宿泊業の生産性を向上させるためには?事例集とともに解説

ホテルの建設と反比例するように年々人手不足が懸念される宿泊業界。 少ない人員で長時間働くことで、従業員の定着率が低くなる他、現在働いている従業員への負担も大きくなり、離職率が上がることも少なくありません。 そのため現在は、定着率のアップを図るとともに、従業員の満足度を上げるために宿泊業における生産性を向上させることが必須となっています。 そこで今回は宿泊業の生産性を向上させる方法を事例集と併せて紹 […]