旅館におけるDX化とは?デジタル変革でコストを削減!

DX(デジタルトランスフォーメーション)という言葉をご存知ですか?

DXとは、スウェーデンの大学教授が最初に提唱した概念であり、その内容は「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」というものです。

そんなDX化は宿泊業界において急速に求められている課題であり、その対象は旅館にも及びます。

古き良き日本を伝える昔ながらの旅館ー。

そんな旅館のDX化というと少々似つかわしくない感じがしますが、長期化するコロナ渦も相まって、新しい時代に適応していくことが求められているのです。

この記事では旅館のDX化について、導入例と共にメリットを紹介していくので気になる方は是非チェックしてみてください。

 

宿泊業界でDX化が求められている背景

長期化するコロナ渦

 

宿泊業界におけるDX化の波を加速させたのは、長期化するコロナの影響も大きく関わっています。

 

人々は常にマスクで顔を覆い、対面の際にはアクリル板が設置され、あちこちでソーシャルディスタンスが叫ばれるようになりました。

かつての当たり前は数ヶ月で消え去り、感染予防を徹底することが世界の常識となったのです。

宿泊業界においても、極力お客様に近づかないことが良しとされ、かつておもてなしの際に存在していたパーソナルスペースはソーシャルディスタンスに上書きされてしまいました。

それと共にデジタルを使用した非対面でのサービスが半ば強制的に押し進められ、宿泊業界は大きく変化していきました。

 

新型コロナウイルスの感染拡大で三密回避のために物理的接触を減らすことが求められたことにより、DX化が急速に進み始めたのです。

 

少子高齢化による人材不足

宿泊業界においてDX化が求められている背景には、少子高齢化による人材不足があります。

 

非婚化・晩婚化及び結婚している女性の出生率の低下により、人口を占める若者の割合は年々減少しています。

国内の労働市場の供給は不足しており、これからも増える見込みはありません。

しかし、それと反比例するように訪日外国人と宿泊施設の建設は増加しています。

宿泊業界は常に人材不足に悩まされるようになり、コロナがなくとも近い将来のDX化は必須でした。

 

人材不足を解消するためにデジタルによる大きな変革が求められているのです。

 

旅館におけるDX化のメリット

業務効率化

 

旅館におけるDX化のメリットとして、業務の効率化という点が挙げられます。

 

情報の管理にシステムを用いることで、情報が一元化され、共有しやすくなります。

予約状況や客室状況など、旅館全体で共有すべき情報がシステムによってどこでも確認ができるようにすることで余計な手間が省け、スムーズな業務に繋がります。

 

また、人が行うよりもシステムに任せた方が正確な情報を得られる場合があります。

計算処理などは言うまでもなく人が行うよりもシステムに任せたほうがミスが少なくなるでしょう。

これまで人が行うことにより起きていた小さな間違いをシステムによって無くすことで、業務が効率化していきます。

 

人員削減

DX化を推し進めることで、人員削減の効果も見込めます。

 

旅館には人ならではの熟練したサービスがある一方、誰でもできる簡単な雑務も多く存在します。

簡単な雑務ならDX化によりシステムで管理することが可能です。

 

紙媒体などのアナログのやり方に依存していれば、繁忙時に処理が追いつかず、業務が思うように進みません。

しかし新しいシステムを導入することで、大きなデータを一括で管理できるようになり、その結果余った人員を他のことに使うことができます。

 

人だからこそできるサービスと、システムにもできる簡単な雑務を見極め、適切にDX化を押し進めていくことが重要です。

 

旅館におけるDX導入例

管理システム導入で雑務の削減

 

旅館におけるDX導入例として、管理システムの導入が挙げられます。

旅館では予約や部屋の状況など、莫大な情報を管理しなければなりません。

それをひとつひとつ手書きで行っていれば時間がかかる他、修正も容易ではありません。

 

そこで、エクセル等の管理システムを導入することを提案します。

管理システムを導入することで、莫大な顧客情報を容易に確認できるようになり、度々起こる予約の修正も簡単になります。

 

わざわざ人がやらなくても良い雑務は、デジタルをうまく使って簡単に済ませましょう。

 

清掃ロボットの導入で人件費削減

清掃ロボットの導入によるDX化は人件費削減に大きく貢献するでしょう。

 

人の出入りの多い旅館は日々の掃除が必須ですが、その分多大な時間を取られるのも事実です。

テーブルや椅子を退け、かがみ込み、あちこちを清掃する作業は従業員への負担も大きいでしょう。

 

しかし、清掃ロボットを導入することで掃除の手間を省くことができます。

今や誰もが知っている床掃除ロボットから、窓に張り付いて掃除をする窓清掃ロボットまで、様々なタイプの清掃ロボットが登場しています。

 

お客様の見ていないところで行う清掃は、必ずしも人がやらなければいけない業務ではありません。

清掃ロボットを活用し、人件費を削減していきましょう。

 

翻訳ツールで他言語の接客に対応

観光地で必ずと言っていいほど見かけるようになった訪日外国人。

彼らは必ずしも日本語や英語を話すことができるわけではありません。

しかし、そういったコミュニケーションに弊害のある外国人をお客様として迎えることができるようになれば、新たな客層の開拓に繋がります。

 

翻訳ツールは外国人のお客様と従業員のコミュニケーションを手助けします。

文字を入力して検索するだけでなく、会話をそのまま聞き取って日本語、或いは他の言語に変換することも可能です。

 

翻訳ツールによるDX化でより多くのお客様を取り込むことができます。

コロナ

まとめ

人不足で悩まされるこれからの時代、宿泊業界に求められるのは急速なDX化。

DX化することで業務を効率化させ、人員を削減することができます。

また、予約状況や顧客情報をデータ化したり、優れた機械を上手く使ったりすることで従業員やお客様の満足度アップにも繋がります。

アナログの印象が強い旅館ですが、時代の波に取り残されないよう上手くデジタルを組み込み、更なる発展を遂げていくことが今求められているのです。