【ヘルスツーリズムとは?】事例をまじえてわかりやすく説明します!

【ヘルスツーリズムとは?】事例をまじえてわかりやすく説明します!_サムネイル

2007年、日本の観光政策はそれまでの政策から新しく改訂され「観光立国推進基本法」が施行されました。2008年10月には観光庁が発足され、21世紀は観光の世紀といわれるようになりました。

政策の主要分野として「ヘルスツーリズム」に大きな期待寄せられるようになりました。旅を楽しみながら、健康になる新しいスタイルとして実は古くから存在はしていましたが、近年では市場規模の目標が年々大きくなっています。

なぜここまで普及したのか?事例を用いて、この記事ではヘルスツーリズムをご紹介します。

ヘルスツーリズムとは

旅行という日常とは違う楽しみの中で、医学的な根拠に基づく健康の回復や健康増進を図る観光のことをいいます。健康に対して無関心だった状態から、ヘルスツーリズムをきっかけに関心を持つようになる方もいらっしゃるようです。

国内で提供されているヘルスツーリズムプログラムにおいては、その多くが「運動」「温泉」「食」のプログラムとなっており、運動の中でもウォーキング、ハイキング、トレッキング、ヨガ、水中運動等。食はヘルシーメニュー、薬膳、地元料理など。他にも健康診断、森林浴、アニマルセラピー、お笑いといった内容があるようです。 

出典:ヘルスツーリズム研究所「ヘルスツーリズムの現状と展望」

地域の特性を活用したプランを提供しやすいので、全国に広がっています。温泉療法や森林療法、海洋療法(タラソテラピー)のほか、主に医療行為を受けるための手段として行われるメディカルツーリズムなども広義の意味でヘルスツーリズムに含まれる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

また、経済産業省が2016年度からヘルスツーリズムの品質認証制度をスタートさせました。「ヘルスツーリズム認証」という認定制度です。

ヘルスツーリズム認証はNPO法人日本ヘルスツーリズム振興機構(ヘルスツーリズムに関わる研究・開発・啓蒙活動・人材育成等を行う団体)、日本規格協会ソリューションズ株式会社(JIS・ISO規格等の開発・普及を行う日本規格協会グループにおいて、各種認証事業を提供する法人)、一般社団法人日本スポーツツーリズム増進機構(スポーツツーリズムに関わる観光まちづくりや旅行商品化等を行う団体)の3団体が運営しています。

「人生100年時代」といわれ国民の健康への関心が高まる中、国も健康寿命を延ばすための事業を推進しています。様々なヘルスサービスを提供していますが、消費者側にとっては安心・安全に利用できることができるのか疑問に思うかもしれません。

そこで観光商品を客観的に評価し、利用者が安心してサービスを受けられることを目指しており、品質が保証されたヘルスツーリズムの体験が可能です。ホームページやパンフレットに認証を受けたことを記載できるため、旅行者はプログラムの品質を一目で判断できるようになります。

認証マークによる品質保証は、事業者にとって、その地域におけるブランド価値の創造につながり、国内旅行者だけでなく外国人旅行者や企業の社員旅行向けに品質を保障したヘルスツーリズムをPRできます

 

認証制度のポイント

評価は3段階で、基準のポイントは大きく3つに分けられ、

  • サービスを提供する体制が整っているか(安全性)
  • 参加者に健康への気づきを与えているか(有効性)
  • 地域特有のプログラムを組み込んでいるか(価値創造性)

という観点から審査します。また、インバウンド対応も評価基準に加わる見込みです。

「ヘルスツーリズムプログラム」を認証するマーク

健康をイメージしたハートの中に、旅行カバンを持った人物が歩くことで、ヘルスツーリズムプログラムを表現。ヘルスツーリズムの要件を満たした観光商品を広く社会に「見える化」することで、健全な市場形成の基盤が普及していくように、旅をきっかけとして多くの人の健康につながるように、という願いが込められているようです。

 

ヘルスツーリズムの歴史

西洋での歴史は巡礼の旅に起源を有するとされています。西洋では古代ローマの戦士が温泉療法を行ったスパや中世貴族の保養地などからヘルスツーリズムが発展したようです。

日本では温泉湯治との関わりが深く、江戸中期に一般庶民に普及しました。昨今日本でヘルスツーリズムとしての取り組みが本格的に始まったのは、2007年の「観光立国推進基本法」の施行されたことにより、同法で「観光は健康の増進に寄与する」点について言及され、さらに、ニューツーリズム、着地型観光の一つとして認知され、現在に至ります。(参考文献:前田勇「現代観光総論」学文社)

 

ヘルスツーリズムの事例

「旅to健康」

旅to健康|スポーツ参加・観戦ツアーはJTBスポーツ!

JTBからヘルスツーリズム認定取得プログラムをベースにラインアップしたツアーが紹介されています。

ご自身に最適なツアーを検索して、ネットで予約が可能です。運動不足、食生活乱れ、ストレスの大きく3つ、改善することを目的としたサービスを提供しています。

 

Facebookでのオンラインツアー

(株式会社竹屋旅館 スマートヘルスツーリズム部は、2021年3月、静岡・清水スマートウェルネスツーリズムのオンラインツアーを催行。)【オンラインツアー】沢山の方のご参加ありがとうございました!

新型コロナウイルスの影響により、開催が難しい時期にオンラインでツアーを開催しているところもあるようです。

ツアーの内容

  • 清水港水上バス | 富士山清水港クルーズ
  • 世界遺産 三保の松原サイクリング
  • みほしるべ、神の道ウォーキング体験、静岡
  • 茶の間ヨガ
  • 健康食体験

 

ヘルスツーリズムのこれから

新型コロナウイルスによって観光業界は従来の観光が厳しく制限され、大きく影響がでました。しかし、経済産業省の試算によれば公的保険外サービスのヘルスケア産業で約33兆円規模(2016年は約25兆円)という拡大中の大市場です。

試算において、10%程度が健康志向旅行・ヘルスツーリズムになるという予測がなされている点は注目です。従来の観光(サービス)と地域由来の健康商品(モノ)を融合され、人々が健康への気付き、体験における身体活動を通して地域特性を活用した「新たなヘルスケアサービス」がこれからも新たに生まれていくことでしょう。

 

まとめ

忙しい日常にふと立ち止まり、ヘルスツーリズムで体の芯から疲れを取り除き、また忙しい日常に帰っていく。本来の自分に還る場所への転地、そして、何度も帰ってくるべき大切な地となるのです。

実際に体験した方のお話をきく機会があれば試してみるきっかけになるかもしれませんね。