『サイトコントローラーとは?』導入メリットとPMSとの役割の違いについて解説

宿泊業界にとって予約管理は、その施設の売上に直結する重要な業務です。 近年、ホテルや旅館をネットから予約をする人が増えています。 これらの管理を一括で行うには、サイトコントローラーの導入が必須です。 同様にPMSもホテルや旅館に導入されていますが、2つのシステムの違いは一体どのような部分にあるのでしょうか? この記事では、サイトコントローラーを導入するメリット、PMSとサイトコントローラーの役割の違いについてご紹介します。  

サイトコントローラーとは

サイトコントローラーとは、複数の予約サイトとホテルや旅館の予約エンジンを一元管理し、部屋数や価格調整ができるシステムです。 主に、予約管理・価格設定・実績データの分析の機能が搭載されています。 導入すると、ホテルや旅館の在庫となる空室情報を一括管理し、宿泊予約者の情報を確認することができます。また、時期などの状況に合わせて料金を変動させることができ、実績データのダウンロードも可能です。 外部の予約サイトの予約状況やデータを効率よく1つにまとめることができます。また、PMSと連携をして導入することも可能です。 連携すると、サイトコントローラーで取得した各予約サイトの情報をPMSで出力することができます。  

サイトコントローラーを導入するメリット

上記のように、様々な機能が搭載されていますので、導入すると多くのメリットがあります。 こちらでは、サイトコントローラーを導入するメリットについてご紹介します。
サイトコントローラーを導入するメリット_イメージ
 

重複予約を防止

サイトコントローラーは、外部の予約サイトと自社の予約エンジンを一元管理できるので、予約の重複を防ぐことができます。 「楽天トラベル」「Airbnb」「じゃらん」といった予約サイトに複数登録し一元管理ができていない場合は、予約が同時に入る可能性があります。 いわゆるダブルブッキングが起きてしまい、大問題です。 このようなトラブルが起きてしまうと、そのホテルや旅館の信用も大きく損なわれてしまいます。 サイトコントローラーを導入すると、1つの予約サイトから予約が完了した部屋は、他の予約サイト画面にもその部屋が埋まっていることが自動で更新されます。 つまり、別のルートから同じ部屋を予約することができなくなります。 よって、予約が重複するトラブルを防ぐことが可能です。  

収益の最大化

ホテルや旅館といった業界は、在庫を繰り越すことができないので、収益化を最大化するシステムを導入することが大切になります。 サイトコントローラーを導入することで、収益の最大化を図ることができます。 外部の予約サイトを一括管理できるシステムですので、これまでよりも多くの集客ルートを確保することが可能です。 集客ルートが増えることで、ホテルや旅館の客室の稼働率が上がります。稼働率が上がるので、空室を埋めるために客室単価を下げて提供することがなくなります。 よって、収益の最大化を図ることができ、宿泊施設の売上アップに繋げることが可能です。  

PMSとサイトコントローラーの役割

PMSは、ホテルや旅館といった宿泊施設のフロント業務を一元管理するシステムです。 例えば、チェックイン・アウトや清算業務を自動で行うことが可能です。 サイトコントローラーは、外部の予約サイトと自社の予約エンジンの一元管理します。 上記でも説明したように、集客ルートを増やし、重複予約を防ぐことができます。 つまり、PMSとサイトコントローラーの役割はそれぞれ違うということです。 PMSはホテルや旅館内の業務管理、サイトコントローラーは外部の予約状況を管理する役割があります。
PMSとサイトコントローラーの役割_イメージ
 

役割が違うからこそ連携が最適

それぞれ搭載されている機能が異なるので、役割も異なります。 よって、どちらか1つを導入するよりは、PMSとサイトコントローラーを連携して導入することが宿泊施設にとって最適であると言えます。 PMSもオンラインの予約管理を行えますが、外部の予約サイト状況を管理する機能は搭載していません。 サイトコントローラーは予約に関する情報を一元管理することはできますが、チェックイン・アウトなどのフロント業務の機能は搭載していません。 どちらも導入することで、それぞれの機能を補い合うことが可能です。 外部の予約サイトからサイトコントローラーへ予約情報が送信され、その情報がPMSに自動出力されます。 また、ホテルや旅館で予約を受けた場合もPMSで入力し、サイトコントローラーから外部の予約サイトに在庫情報が自動変動されます。 ホテルや旅館にとって、業務がより効率化され、利益も最大化を図ることができます メリットが増えることになるので、連携して導入することがおすすめです。  

まとめ

ホテルや旅館の業務改善はもちろん、宿泊者がスムーズに予約を取るためにもサイトコントローラーの導入は必要です。 また、サイトコントローラーとPMSは、それぞれ搭載している機能が違うということが分かりました。 連携したシステムでスムーズにお客様にサービスを提供することで、顧客満足度の高い宿泊施設となるでしょう。 PMSやサイトコントローラーを契約するときには、連携オプションの有無を確認してみてください。 別々で契約するより効率的でおすすめです。