【比較まとめ】スマートチェックインサービスとは

【比較まとめ】スマートチェックインサービスとは_サムネイル

宿泊施設はコロナウイルスによって感染予防のため人との非接触、非対面が推奨されています。そしてIT業務効率化によって無人化・省人化の需要の拡大につながっています。

「スマートチェックインサービス」はフロントでチェックインチェックアウトしたり、鍵を受け取ることがないため、人との接点を限りなくゼロにすることが可能です。

また、宿泊施設側は人件費削減していることもあり、利用客にとって安く宿泊できるなどのメリットがあります。

この記事では実際にホテル等で使用されている「スマートチェックインサービス」についてご紹介します。

進むホテルの無人化

進むホテルの無人化_イメージ

スマートチェックインという技術はこれまで対人で行っていたフロントでのチェックイン業務を人ではなく機械によって行うものです。この技術を導入したことで有名になったのは大手リゾートである星野リゾートやほぼすべての業務をロボットが担っている大手のホテルが目立っています。

今では先進的なホテルで完全非対面でのチェックインシステムを導入して、コストを抑えながら手柄にチェックインが可能になるツールが登場しています。旅館や民宿にも広がりをみせている最新ツールを使ったチェックインについてみていきましょう。

業務改善につきましてはこちらの記事で詳しくまとめておりますので、是非合わせてお読みくださいませ。
【今日から実践可能!】ホテル業務効率化の改善策5選!

 

&IoTスマートチェックイン+サーモイン

&IoTスマートチェックイン+サーモイン|デバイスエージェンシー

チェックイン、チェックアウトを無人対応できるloTシステムに新たに非接触の体表面温度測定と記録機能、体表面温度を測定を行った日付と本人確認ができるQRコードが印刷された「サーモチェック確認シール作成機能」が追加されたようです。

チェックインの流れとしては来客予定を登録→登録された連絡先に受付コードを送信→来た際に受付コードを入力して受付完了。受付コードを入力してチェックインした情報は担当者へSlackやメールでお知らせがいきます。

従業員のタイムカードはAIによる顔認証技術なので正確に出退勤時間を把握でき、暗証番号や入室カードも不要。従業員のシフト申請と管理もできるようです。

安心なのは非接触で素早く体表温度測定ができ、設定温度より高温が検出された場合はアラートがでて入室が自動で許可されることはないようです。こちらのシステムは宿泊施設以外にも老人ホーム・介護施設、病院、学習塾など様々なところで利用が可能です。

現在、コロナに負けるなキャンペーンで各プラン500台限定で設置台がかなりお安くなっていました。(2021/7月)

 

maneKEY(マネキー)

スマートチェックインシステム「maneKEY(マネキー)」、多言語やキーレスに対応し、宿泊施設運営を省力化。

ホテルから民泊まで、非対面でのカウンター業務を可能にするスマートチェックインサービスです。

AIを活用した本人承認により無人チェックイン対応が可能で、パスポートの自動読み取りや本人認証を搭載しています。英語、中国語にも対応しておりインバウンド対応バッチリです。外国からの利用客にもスムーズにチェックインを提供できるようです。

チェックインまでの流れとしては、予約情報を確認→定型文を送信→QRコード発行→QRでチェックイン→本人認証→鍵のお渡し。テレビ電話で本人確認を行うことができ、タブレットを利用したサイン対応もできます。

料金は初期費用と利用件数に応じた従量課金制か部屋数に応じた月額固定料金が基本プランです。ニーズに合わせカスタマイズにも柔軟に対応してくれるようです。

 

aiPass

aiPass|宿泊業の経営を強くする。[HotelStyle OS]

宿泊から観光情報まで一連の体験をデジタル化し、宿泊施設への事前チェックイン、決済、ルームキー、ホテル周辺の観光情報などをスマートフォンひとつで旅行ができる世界を実現するといったコンセプトのようです。

チェックインまでの流れはPC、スマホ、タブレットで導入→3ステップでチェックイン完了。最大2周間前から事前チェックインが可能。施設案内や周辺案内などの機能もついています。スマートフォンとインターネット環境だけで即日利用可能、導入ホテルで2回目以降の利用は個人情報の入力が不要で手間なくチェックインができます。

チェックイン、館内案内、周辺案内、チェックアウト機能を無償で導入できるのも嬉しいポイントです。

また、aiPassは全日本空輸株式会社と提携し業界ではじめてとなる事前チェックインの利用でマイルが貯まる「チェックインマイルプログラム」を開始しました。事前チェックインと業界のDX促進を目的に、宿泊者が事前チェックインする度に、100マイルが付与されます。

流れとしては施設予約完了時に送信される予約完了メールURLをクリック→お客様情報とANAマイレージクラブお客様番号(10桁)を登録→QRコード発行でチェックイン情報の送信完了→施設到着後にチェックイン受付をし、2~3日後にマイルが付与されます。

 

まとめ

まとめ_イメージ

宿泊施設にとっても、従来の紙を使ったアナログな運用をデジタル化することでフロント業務の効率化を図れること、旅行者自身のスマートフォンで宿泊施設の案内情報がみれるなど、スマートチェックインサービスはチェックインだけにとどまらずホテル側にもホスト側にも便利で快適な環境を提供をしてくれるサービスといえるようです。

ネットを苦手と感じる方には利用が難しいという課題もありますが、今後も価値あるスマートチェックインサービスが世にでてくれることを期待しています。