【スマートチェックイン】ホテル業界の新たなシステム!スマホ一つでホテルにチェックインが可能?!

【スマートチェックイン】ホテル業界の新たなシステム!スマホ一つでホテルにチェックインが可能?!_イメージ

今、スマートチェックインがホテル業界でも話題となっています。ビジネスホテルやリゾートホテル、さまざまなホテルで、この新しいシステムを導入し始めています。

しかし、新しいシステムを導入するとなると、メリット・デメリット面が気になりますよね。

ホテルにとって、宿泊者にとってどのようなシステムなのでしょうか。

この記事では、スマートチェックインのメリット、導入するにあたってのデメリットについてご紹介します。

 

スマートチェックインとは?

スマートチェックインとは?_イメージ

スマートチェックインとは、ホテルなど施設の利用者がスマートフォンやタブレット端末を使い、非接触・非対面でチェックインができるシステムです。

フロントに設置されている専用機器に、QRコードをかざすことでチェックインができます。

このとき必要なQRコードは、ホテルを予約したときにスマートフォンなどの端末に送られてくるので、予約からチェックインまで全てオンラインで済ませることができます。

従来の方法は、フロントで名前や住所などの記入が必要です。

スマートチェックインは、記入という作業ではなくスマートフォンなどをかざすことでチェックインができます。今までよりも早く、効率が良い作業が可能となっています。

また、スマートチェックインはルームキーとしても使用可能なシステムでもあり、ホテル業界での注目が高まっています

 

ホテルにとってのメリット

スマートチェックインがどのようなシステムか分かったところで、ホテルに導入することにより、どのようなメリットがあるのかご紹介します。

ホテルにとってのメリット_イメージ

 

人手不足の解消

スマートチェックインを導入することによって、今までよりも少ない人員でフロントの業務が可能になります。

従来の方法は、その業務に人員が割かれていましたが、スマートチェックインを導入することにより、その必要がなくなります。

スマートチェックインであれば、フロントは最少人数で、システムによっては無人でも宿泊者を迎え入れることが可能です。

ホテル業界は長年、人手不足が問題視されてきました。新型コロナが終息したあと、観光客や旅行者が増え、さらにホテルを利用する人が増えると考えられます

これまでの方法で宿泊者を受け入れていると、ホテルスタッフの負担が大きいままです。

このホテルスタッフの負担を減らし、人手不足が解消できることが最大のメリットです。

 

顧客情報のデータ化

スマートチェックインにより、宿泊者の情報をデータ化し一括管理が可能となります。

従来の方法は、紙に個人情報を記入し、それを元に管理する必要があります。紙面で顧客情報を管理するとなると、紛失のリスクもあり、宿泊者が増えるにつれ検索や管理場所の確保が大変です。

しかし、スマートチェックインは専用端末でチェックインを行うので、データ上での管理が可能になります。

検索する際にも、以前の情報をデータで管理されているので、手間を省くことができます。

顧客情報がデータ化することによって、今までよりもより安全に保管することが可能になります。

 

ホテルの宿泊者にとってのメリット

スマートチェックインを導入するにあたって、ホテル側にだけメリットがあるようなシステムでは意味がありません。

宿泊者にとってもメリットが大きいシステムになりますので、ご紹介します。

ホテルの宿泊者にとってのメリット_イメージ

 

感染リスクを回避できる

スマートチェックインは、非接触・非対面でチェックインが可能です。

それにより、近年懸念される新型コロナの感染リスクを回避することができます。

新型コロナが流行したことで、スマートチェックインを検討するホテルが増えました。コロナ禍になり、人々は感染対策が徹底されているかを重要視するようになっています。

人と接することなくできるスマートチェックインは、ホテルを利用する人にとって安心できるシステムです。

 

言語が通じなくても利用可能

ホテルに宿泊する人は、日本人だけとは限りません。

日本語が分からない宿泊者がチェックインする際に、スマートチェックインが導入されているホテルであれば、簡単に手続きできます

上記でもあるように、ホテル業界は人手不足が問題となっています。

あらゆる言語に対応できるスタッフもまた、不足しているのです。

自分の言語に対応できるスタッフがいなくても、スマートチェックインがあれば困ることなくホテルを利用できます。

 

スマートチェックインのデメリット

ホテル側と宿泊者にとって、それぞれメリットがあることが分かりました。

こちらでは、スマートチェックインを導入するにあたってのデメリットについてご紹介します。

スマートチェックインのデメリット_イメージ

 

導入時のサポートが必要

新しいシステムを導入することになるので、初めのうちはサポートが必要になります。多くの人は、まだ紙に名前や住所を記入する、従来の方法が広く浸透しています。

機械が苦手な方や初めてスマートチェックインを使用する宿泊者には、ホテルのスタッフによるサポートが必要でしょう。

このシステムが浸透するまでの、ホテルスタッフの負担が掛かってしまう可能性が考えられます。

対策としては、予約時にスマートチェックインの説明を送付し、フロント周りにも使い方が分かる説明書などを配置しておくことが必要です。

 

まとめ

スマートチェックインは、ホテルにも宿泊者にとっても大変メリットの大きいシステムだということが分かりました。

ホテル業界にとって、さまざまな問題を解消してくれるシステムで、需要も高まると考えられます。

新型コロナ感染拡大の影響で、非接触・非対面で対応できるシステムが必要とされています。

ホテル利用者に、大きなアピールポイントとなるスマートチェックインに注目です。