【予約殺到】知っているようで知らない民泊とゲストハウスの違いを解説

【予約殺到】知っているようで知らない民泊とゲストハウスの違いを解説_サムネイル

緊急事態宣言も解除されたし、そろそろ1人旅に出たいな。

今まで、ホテルや旅館にしか泊まった事がないけど、最近よく聞くようになった、

「民泊」・「ゲストハウス」の違いってなんだろう??

できるだけ安く宿泊できて、安心したサービスを受けたいな。

この記事では、これから1人の気ままな旅行や、非日常的な旅先の出会いを求めるあなたに、手軽な宿泊先として知られる、

  • 民泊
  • ゲストハウス

を解説します。日常では感じられない出会いもあるけど、不安が払拭できない読者の方にとって、きっと参考になる内容になっていると思います。ぜひ最後までお読みください。

 

そもそも民泊・ゲストハウスとは??

そもそも民泊・ゲストハウスとは??_イメージ

旅を語る上での宿泊場所は、一番の思い出となりうる重要な要素。

ここで紹介する民泊・ゲストハウスは、簡易宿所と呼ばれ、ホテル・旅館にあてはまらない施設形態です。

施設の基準要件が厳しくないぶん、利用する他のお客さんとの接点も多く、新しい価値観を得るための出会いがあります。またゲストハウスは外国人も多く利用することから、様々な文化に触れる事もできるでしょう。

民泊とゲストハウスの具体的な違いは下記の通りです。

 

民泊

民泊_イメージ

民泊とは、住宅の全部もしくは一部を使用し、個人の住宅に料金を徴収し宿泊するタイプのものです。

2018年に住宅宿泊事業法が施行された事で、気軽に民泊オーナーは​​サービスを提供する事が可能となりました。長期間滞在したい方や、コストを抑えて宿泊したい方におすすめです。

また、少しリッチな民泊サービスを受けたいとお考えの方には、貸別荘タイプ・一軒家貸切タイプの民泊もあります。大人数での利用で、パーティーやプチイベントをするにも民泊は利用できます。予算や期間、様々な用途に応じた選択ができるのが民泊サービスの特徴と言えますね。

 

ゲストハウス

ゲストハウス_イメージ

ゲストハウスのイメージとしては、バッグ1つ持った男の1人旅で泊まるイメージが強いようです。

しかし現在では、お洒落なバーやお洒落なカフェが併設されるゲストハウスもあり、多種多様なサービスを展開しています。

一般的なゲストハウスは、リビングルームが中心に併設され、旅人がおもいおもいの交流を行い、より人と人との接点が近くなる空間作りが行われています。

また必要最低限なサービスを行うことで、旅人の自発的な行動をとりやすい事からも、外国人の文化を日本にいながら感じる事ができます

 

宿泊する上での相場は?

宿泊する上での相場は?_イメージ

民泊・ゲストハウスを利用する目的として、宿泊費を抑えたいと考えている旅人も多くみられます。

民泊はゲストハウスと比べて、観光・行楽シーズンにかけて料金が変動する傾向があります。オフシーズンであれば1泊 4000円台から宿泊できますが、都心の民泊では20000円を超える事もあるようです。

しかし、民泊の使用量は1ルーム制です。利用する人数が増えれば割安となり、施設によっては20人を超える利用も可能です。1人当たりの利用料も、かなり抑えることができます。

ゲストハウスの相場は、地域差もありますが2000円〜5000円で宿泊することができます。都心を避け、相部屋を利用すると、安価な料金で利用できるようです。

また、古民家風のお洒落なゲストハウスなどは5000円以上の宿泊料がかかりますが、素泊まりの安いホテルに泊まったと思えば、非日常な空間・出会いがある事から、決して高い料金だなと感じることはないでしょう。

 

女性でも安心して宿泊できるのは?

ここまで民泊・ゲストハウスの特徴を見ていきましたが、女性が安心して宿泊するとなると民泊となるようです。

民泊では大人数で利用しても知っているもの同士な事が多く、一軒家を利用したものであれば、男女で部屋を区切る事ができます。

ゲストハウスでは、ドミトリーといった相部屋がおおく、雑魚寝や二段ベッドを利用した簡易的な作りの部屋もあります。女性のセキュリティとしては安全とは言いにくいようです。

しかし、この空間でしか味わえない人との距離感も感じられないため、より強く人との繋がり結ぶこともできる目的があれば、女性の一人旅でも利用を検討してみてはいかがでしょうか?

女性が安心して宿泊できるのは?_イメージ

 

まとめ

この記事の読者の方は、おそらく民泊・ゲストハウスに泊まった経験がない方が多いと思います。

利用する地域や時期によって、様々な表情をみせるのも簡易宿泊所である、民泊・ゲストハウスの魅力でもあります。

これからコロナ渦が落ち着き、予約が殺到することも考えられます。

安心した旅行とするためにも、民泊仲介サイト(マッチングサイト)や非対面式のスマートチェックインサービスを使った、新しい形式の予約方法も検討されてみてください。