withコロナ時代に必須!?【進化する非接触型 チェックインサービスとは】

withコロナ時代に必須!?【進化する非接触型サービスとは】_サムネイル

新型コロナウイルスのパンデミックは、非接触サービスに対する需要が加速しました。そして変異ウイルスが猛威をふるう中、「非接触」へのニーズがますます高まりをみせています。

宿泊施設においては、フロントなどの業務で対面接客時の感染リスク回避のための非接触への関心が高まり、QRコードによりチェックインすることで、非対面でサービスを受けることができるので、ホテル業界でも広がりはじめています。

この記事ではQRコードを導入したホテルの事例を用いて、非接触型サービスとはどういったものなのか「非接触チェックイン」についてご紹介します。

無人化を実現させるチェックインサービス

機械の前の目に立って操作を始めるとチェックインを済ませられる「非接触型自動チェックイン機」というサービスがあります。

ホテル入り口あたり、フロントの隣に設置されている所が多いです。名前、住所、電話番号を入れると進んでいくと当日の部屋のカードキーが発行されて、チェックイン完了です。カードキーが出てくるホテルもあります。支払いは現金、クレジット、QRコード決済の対応している機械が多いようです。

とても簡単な作業でなれている方だと数分でカードキーを発行できるので実に楽でスムーズにチェックインが可能です。自動チェックイン機はスタッフがアルコール消毒を徹底していると思いますので安心して利用できるポイントかと思います。

また、自動チェックイン機を利用せずに宿泊者が携帯しているスマートフォンなどを使って非対面でのチェックイン、チェックアウトをすることも可能です。「スマートチェックイン」とよばれています。

ホテルのフロントに設置された専用端末に表示されたQRコードをご自身の端末でかざして本人確認をすることでチェックインの作業をスムーズにできるサービスです。

この様にフロント業務における無人化が実現されてきています。コロナ渦で人に接することなく、精算やカードキーを受け取れるということは安心してホテルでのチェックインを済ませることができるのは魅力的といえます。

 

導入メリット・デメリット

メリット

非対面ということでコロナ中における感染のリスクを抑えることができる。

対面でのチェックインが不要になれば、密にならずソーシャルディスタンスを保つことができる。withコロナ時代で感染予防の対策として導入されている。

カードキーとして利用されるプラスチックカードの使用量を削減できるので、コストカットとエコでもあり

利用客がカードキーを無くすという心配がなくなる。

カウンター手続きにかかる時間を短縮が可能。

面倒な氏名・住所・電話番号などを記入しなければならないことが、QRコードで本人確認を済ませれば簡単にチェックインができる。

業務削減につながる。

フロント業務の削減で省人化を可能にしてくれることで人的・金銭的コスト削減になる。

また混雑している時間帯はチェックインに並ぶこともあるので、スマートにチェックインを済ませることは忙しいビジネスマンにとってありがたい。

端末は多言語設定可能なことから、多言語に対応する人材を確保する必要もなく、人件費削減につながる。

 

デメリット

フロント業務が無人化されることで、フロントスタッフと接することがないので温かみがみられずどこか寂しい印象を宿泊客に与えてしまう可能性もある。

高齢の方がシステムをすんなり操作するのは難しい可能性もあるので、サポートスタッフを配置することもある

導入費やランニングコストもかかってくる。

  

QRコードチェックインとは

「QRコード」を使用した決済サービスはここ数年で広まってきました。

ホテル業界ではQRコードを利用したチェックインのサービスの導入が進んでいます。ネット予約をしたさいに発行されたQRコードや、会員登録済みのアプリを使って当日チェックインをします。普段使用しているスマートフォンで鍵の開錠・チェックアウトが可能になるのでとてもスマートです。

H・I・SホテルホールディングスはQRコードでのチェックインシステムを導入しチェックインにかかる手続きや時間を簡素化できるサービスを導入・拡大しました。「QRかんたんチェックイン」は変なホテル、ウォーターマークにも導入されているサービスです。

方法としてはサイト上で予約完了した時点でQRコードが発行されて、チェックインの際にフロント機に読み込ませるだけでチェックインが完了するようです。

 

チェックインサービスの導入事例

上記で紹介したH・I・Sホテルホールディングスのように実際にQRコードを導入しているホテルをさらにご紹介します。

東京ディズニーリゾート

対象ホテル:東京ディズニーランドホテル、ディズニーアンバサダーホテル、東京ディズニーシー・ホテルミラコスタはスマートフォンによりチェックインができ、ルームキーとしても使用が可能となっています。

ディズニーホテル「オンラインチェックイン」 | ディズニーホテル

アパホテル

アプリ会員証のQRコードのルームキー発行による受付ができるチェックイン機を設置し、非接触に対応しており、画面操作が一切なく、QRコードを表示するだけで瞬時にカードキーを受け取ることができるようです。

【公式】アパホテル|非接触型アプリチェックインプラス

東横イン

東横INNクラブカード会員で、オンライン決済にて事前に支払いが住んでいる宿泊客は、セルフチェックイン機を使用できるようで、利用方法はチェックイン機に会員カードをかざして、予約内容を確認、その後サインだけでチェックインが完了。会員カードはそのままルームキーとしてご利用可能なようです。

セルフチェックイン機の操作方法|東横イン-ホテル・ビジネスホテル予約

 

まとめ

今後コロナ渦が収束すればインバウンド観光需要は徐々に回復しインバウンド観光、国内旅行の効果を高めるためホテルや旅館のIT導入に注目されており、新しい宿泊の体験ができるようになるのではないでしょうか。

導入して出てくるデメリットもありますが、その分他のところで魅力を発揮できるような仕組み作りが大切だと思います。「非接触型サービス」はますます進化をとげ普及していく可能性があると予想されますので、乗り遅れないようにしましょう!

こちらの記事も合わせてお読みくださいませ。
ホテル・旅館・民泊の宿泊サービスのチェックインに必要な本人確認とは?