【民泊を始めたい人必見!】 民泊事業の制度・運営システムをわかりやすく解説

【民泊を始めたい人必見!】 民泊事業の制度・運営システムをわかりやすく解説_サムネイル

2020年初頭より、コロナウイルスによるパンデミックで観光業は多大な影響を受けました。コロナ以前は民泊事業をはじめとした簡易宿泊所を不動産投資の一環として注目を浴びていたことはご存知でしょうか??

なぜならホテルや旅館と違って、個人や小さな法人などが、本業を持ちながら民泊代行業者などを通じて気軽に始めやすいというメリットがあったからです。

ここでは、アフターコロナ事業として再注目とされる、民泊事業の制度と運営システムを解説していきます。

 

【民泊のための制度】住宅宿泊事業法とは??

【民泊のための制度】住宅宿泊事業法とは??_イメージ

住宅宿泊事業法は、2018年に急速に増加していた民泊などの宿泊所に対して、安全面・衛生面への一定のルールが必要と声が上がりました。

また、騒音やゴミ問題などの地域周辺への影響が大きく、法的な許可を一切受けてない「ヤミ民泊」と言われる施設もあった事から、健全な民泊経営をはかるためにも制定されたようです。

この制度の特徴としては、180日を超える宿泊者へのサービスの提供が制限されている点です。

年間の半分の日数でしかサービスを提供できないことから、低価格帯で民泊を営業するには稼働率を高める必要があります。

利益率をあげるための稼働率を制限されてしまったため、民泊事業者は旅館業法にも影響のないマンスリーマンションタイプへの変更や、一時的にレンタルスペースとして貸し出し、営業している民泊業者もあるようです。

 

【申請を通すのは難しいけどメリットあり?】旅館業法との違い

旅館業とは「宿泊料を受けて人を宿泊させる営業」と定義されています。

結論として、住宅宿泊事業法の違いは、年間180日の宿泊制限がない点です。制限が解除されることで、年中ゲストの宿泊も可能となり、運営上の稼働率が高まります。

また、マンスリーマンションやレンタルスペースなどの他のサービスに転換する必要もなく事業を展開できます。

旅館業の運営は、都道府県の条例で定める換気・採光・照明・防湿・清潔等の衛生基準に従和なければなりませんが、2018年の新法(住宅宿泊事業法)が制定された際に、旅館業法も制限の緩和がはかられ、導入しやすくなったようです。

 

開業するにはどっちの許可を受けた方が良いのか??

開業するにはどっちの許可を受けた方が良いのか??_イメージ

ここまで住宅宿泊事業法と旅館業法について書いてきました。せっかくの宿泊施設を所有し、民泊事業として投資を考える方なら、旅館業法での許認可を受けて、事業を開始することをおすすめします。

>旅館業法の許認可を受けるには、都道府県へ許可申請を行い、許認可を受ける必要があります。

この許認可を受ける上で、一番のハードルは消防法による消防設備の設置義務がある点です。設置する上でも、ある程度の初期投資が必要となります。

また、設置場所の検討など専門家の意見を取り入れなければならないため、時間と手間を必要とします。

 

民泊仲介業者・代行業者とは??

民泊仲介業者・代行業者とは??_イメージ

民泊において、物件を選定するのは重要な課題です。しかし、物件の選定を行う上で一般的な不動産業者では、仲介することを拒否する傾向があるようです。

断る理由としては以下の通りです。

 

  • 民泊は近隣住民とのトラブルを起きやすいため。
  • 民泊では不動産仲介業者が提携している火災保険や、保証会社との提携が難しい。

そのため民泊事業を専門とする、民泊仲介業者が存在します。民泊仲介業者は、自社サイトを保有し、民泊専用の物件を多数保有していることから、物件探しには心強い業者となりそうですね。

また、物件を選定した後に、民泊運営を代行しくれる、民泊代行業者というものがあります。民泊代行業者は、様々な案件をこなしてきた事からも、運営に対する知識が豊富です。

住宅宿泊事業法での届出や、旅館業法の許認可を受ける申請書類などを揃えるだけでも、今から民泊経営を始めようとする人には、かなりのハードルが高いことが考えられます。

また、消防法令に基づいた図面の作成や、消防法令適合通知書なども発行・受託される必要があるため、専門家の存在として、代行業者は必須の要素となりそうです。

 

まとめ

まとめ_イメージ

民泊事業はインバウンド観光事業として一番注目される宿泊形態です。

コロナ感染が蔓延化した2020年以降は、海外のゲストの入国が制限され、現状は厳しい現状が続いています。しかしその厳しい現状だからこそ、以前より民泊可能な物件が増加し、比較的安価な価格交渉もできることでしょう。

開業に伴う制度を事前に学ぶことは、本格化するアフターコロナに向けた取り組みとして先行者有利な状況を、きっと作ってくれます。

民泊代行業者などを利用し、個人や小さな法人でも参入できる民泊経営を検討されてみてください。